すらすらプログラマーへのお問い合わせ
すらすらのブログ
アクセス数  累計:000,683,169  昨日:000,000,189  本日:000,000,007
Loading
やってみよう!
.NET プログラミング
プロパティグリッド
印刷
リストボックス
スレッド
リストビュー
インストーラー
やってみよう!

できるVisual Studio 2015 Windows /Android/iOS アプリ対応

独習C# 第3版

VisualBasic2013パーフェクトマスター (Perfect Master SERIES)

プログラミング.NET Framework 第4版 (Microsoft Press)

VisualBasic2013逆引き大全555の極意

猫でもわかるWindowsプログラミング 第4版 (猫でもわかるプログラミング)

VisualC#2013逆引き大全555の極意

GDI vs WPF ② 最終更新:2010/12/12
【Amazon ランキング:DVD - 海外映画】

前回 GDI vs WPF ① で GDI と WPF の描画速度の比較を行いましたが、WPF には Shape 以外にもより軽量な Drawing オブジェクトが存在します。そこで今回は Drawing につて検証してみることにしました。
Drawing については 2D グラフィックスとイメージング を参考にしました。
テスト環境
CPU Intel Core i7 940 (2.93GHz 4コア)
メモリー DDR3-1600 C9 6GB(2GB×3)
GPU ATI Radeon HD 5700 (860MHz)
DDR5 1024MB (1200MHz)
Direct 2D バージョン 8.0.1.01.1030
Direct 3D バージョン 8.14.10.0753
.NET Framework 4.0
WPF Drawing
今回は Drawing オブジェクトを使って矩形を 25,000 個描画します。
前回の Shpae オブジェクトを使ったプログラムはこちらから ⇒ GDI vs WPF ①
C#[WPF.Windows1.cs]
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Shapes;

namespace WPF
{
    
/// <summary>
    /// Window1.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class Window1 : Window
    {
        
public Window1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        
private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            
DateTime stTime = DateTime.Now;

            
for (int x = 0; x < 1000; x += 2)
            {
                
for (int y = 0; y < 1000; y += 2)
                {
                    
this.DrawRect(x, y);
                }
            }

            
TimeSpan span = DateTime.Now - stTime;

            MessageBox.Show(
string.Format("描画時間:{0}.{1}秒",
                span.Seconds, span.Milliseconds),
                
"WPF 矩形描画"
                MessageBoxButton.OK,
                MessageBoxImage.Information);
        }

        
/// <summary>
        ///  矩形を描画する
        /// </summary>
        /// <param name="pt"></param>
        private void DrawRect(double x, double y)
        {
            Path rect = 
new Path();

            rect.Stroke = Brushes.Black;
            rect.StrokeThickness = 0.1F;

            StreamGeometry geometory = 
new StreamGeometry();
            geometory.FillRule = FillRule.EvenOdd;

            
using (StreamGeometryContext ctx = geometory.Open())
            {
                ctx.BeginFigure(
new Point(x, y), truetrue);
                ctx.LineTo(
new Point(x + 100, y), truefalse);
                ctx.LineTo(
new Point(x + 100, y + 100), truefalse);
                ctx.LineTo(
new Point(x, y + 100), truefalse);
            }

            geometory.Freeze();

            rect.Data = geometory;

            
this.canvas1.Children.Add(rect);
        }
    }
}
計測結果①
WPF Drawing
Shape オブジェクトより軽量なため Drawing オブジェクトを作成して Path を設定してしてキャンパスに追加するまでにかかる時間は Shape より高速です。描画にかかる時間も若干速いようですがほとんど誤差の範囲です。
描画方法 メッセージ表示時間 画面描画完了時間
GDI 9.750 秒 約 10 秒
WPF Shape 7.264 秒 約 42 秒
WPF Drawing 6.252 秒 約 37 秒
※画面描画完了時間はストップウォッチで計測しました。
計測結果②
WPF Drawin
CPU使用率です。描画が完了するまでCPUはフル回転です。
※このページで紹介しているサンプルコードについて管理者は動作保障をいたしません※
※サンプルコードを使用する場合は、自己責任でお願いします※

【楽天 ランキング:パソコン・周辺機器 - パソコンパーツ】




このサイトはフリーソフトのMerge HTMLで作成されています。
このサイトはリンクフリーです。

ページの先頭に戻る Copyright© 2010-2015 Jun.Shiozaki All rights reserved.