すらすらプログラマーへのお問い合わせ
すらすらのブログ
アクセス数  累計:000,800,908  昨日:000,000,120  本日:000,000,131
Loading
Word でお絵かき

Microsoft Office Specialist Microsoft Word 2010 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

できるWord 2010 Windows 7/Vista/XP対応

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2010 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

イライラ解消! エクセル即効ワザ99 (日経ビジネス人文庫)

紙・布・テクスチャー素材集

よくわかるMicrosoft Word2010応用

できるWord&Excel 2010 Windows 7/Vista/XP対応 (できるシリーズ)

ボタンを描く② 最終更新:2011/10/08
【Amazon ランキング:ゲーム - Wii U】

ボタン②
 次はよく見る光沢のあるボタンの描き方を紹介します。一般的なものはグレーですが、Word で自由に色を付けてカラフルなボタンが作れます。
まず始めに、正方形の四角を小さく描きます。
始めに描いた正方形の四角をコピーして、縦に5個、一番上と下の横に2個並べます。
一番上と下の四角の中に 1.0 : 0.64 の比率で四角形を描きます。細かサイズを調整する場合は、マウスでは難しいので図形の書式設定からサイズを数値で入力して調整してください。
次に、フリーフォームでイメージのように線を引きます。
曲線のアンカーを始めに描いた小さな四角の位置に合わせます。
曲線のアンカーを始めに描いた小さな四角の位置に合わせます。
次の図形を描くためのガイドとなる長方形を描きます。
ガイドの四角形に合わせてフリーフォームを描きます。
ボタンの本体部になる四角形を描きます。色分けするので2つ描きます。
ボタンの縁の部分をつくるため、フリーフォームと四角形をコピーしておきます。
色を塗ってボタンらしくします。
コピーしておいた縁の図形を重ねます。
左側の端をコピーして、反転して右側を作ります。左右の端ができたら最前面に設定して、四角形の縁が見えないようにします。
ボタンの上にテキストを置くとボタンの完成です。
ボタンサンプル②(002.docx) ← サンプル Doc をダウンロードできます。
※ダウンロードファイルは zip 形式で圧縮してありますので解凍してご使用ください。

【楽天 ランキング:スマートフォン - アクセサリー】




このサイトはフリーソフトのMerge HTMLで作成されています。
このサイトはリンクフリーです。

ページの先頭に戻る Copyright© 2010-2015 Jun.Shiozaki All rights reserved.