すらすらプログラマーへのお問い合わせ
すらすらのブログ
アクセス数  累計:000,689,330  昨日:000,000,170  本日:000,000,139
Loading
VMware ESXi 4.1
仮想化のすすめ
VirtualPC
Hyper-V Server
VMware Player
VMware Server
VMware ESXi 4.1
VMware ESXi 5.0
Citrix XenServer
仮想化パフォーマンス比較
安くて快適な仮想化に挑戦!

できるPRO VMware vSphere 6 (できるPROシリーズ)

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応

マスタリングVMware vSphere 5.5

VMware設計・構築・運用 プロフェッショナルガイド

VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる

できるPRO VMware vSphere 5 (できるPROシリーズ)

ゲストのインストール(Linux) 最終更新:2010/08/19
【Amazon ランキング:ゲーム - キッズ・ニンテンドー3DS】

仮想化の環境が一通り構築できたら次はゲストOSをインストールします。
ここでは Linux をインストールします。Linux は CentOS 5.5 を使用しました。
仮想ディスクの作成
vSphere Client のメニューから「イベントリ」⇒「ホスト」⇒「仮想マシン」を選択します。
構成から「カスタム」を選択して「次へ」をクリックします。
名前を入力して「次へ」をクリックします。
ここで入力する名前はVMwareで使われる識別名です。
仮想マシンのファイルの格納先を選択して「次へ」をクリックします。
仮想マシンのバージョンを選択して「次へ」をクリックします。
今回はバージョン:7を選択します。
インストールするオペレーションシステムを選択して「次へ」をクリックします。
今回は CentOS 4/5 (64bit) を選択します。
プロセッサ数を選択して「次へ」をクリックします。
メモリ容量を入力して「次へ」をクリックします。
ネットワークアダプタを設定します。この環境にはNICが1つしかないのでデフォルトのまま「次へ」をクリックします。
SCSIコントローラーを選択して「次へ」をクリックします。
ここもデフォルトのまま進めます。
「新規仮想ディスク作成」を選択して「次へ」をクリックします。
ディスクサイズを入力して「次へ」をクリックします。
ここはデフォルトのまま「次へ」をクリックします。
内容を確認して「終了」をクリックします。
追加された仮想マシンを選択して「パワーオン」をクリックします。
コンソール画面のメニューから「CD/DVD ドライブ」⇒「ローカルディスクのISOイメージに」を選択します。
接続ドライブ名は使用環境によって異なりますので自分の環境に読み替えてください。
CentOS 5.5 64bit 版の ISO イメージを選択して「開く」をクリックします。
CentOS のインストラーが起動するので画面の指示に従ってインストールします。
VMware Tools のインストール
ゲストOSのインストールが完了したら、次は VMware Tools のインストールを行います。
VMware Tools をインストールしないと本来のパフォーマンスを発揮できないので必ずインストールしてください。
コンソール画面のメニューから「VMware Tools のインストール/アップグレード」を選択します。
確認メッセーが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。
VMware Tools のウィンドウが表示されるので VMwareTools を選択してコピーします。
コピーした VMwareTools をユーザーの home ディレクトリに貼り付けます。
メニューから「GNOME端末」を選択してコマンドライン端末を開きます。
コマンドラインで VMware Tools をインストールします。
VMware Tools のインストールが完了したら再起動して完了です。

【楽天 ランキング:パソコン・周辺機器 - ネットワーク機器】




このサイトはフリーソフトのMerge HTMLで作成されています。
このサイトはリンクフリーです。

ページの先頭に戻る Copyright© 2010-2015 Jun.Shiozaki All rights reserved.