すらすらプログラマーへのお問い合わせ
すらすらのブログ
アクセス数  累計:000,683,158  昨日:000,000,166  本日:000,000,185
Loading
リストビュー
.NET プログラミング
プロパティグリッド
印刷
リストボックス
スレッド
リストビュー
インストーラー
やってみよう!

できるVisual Studio 2015 Windows /Android/iOS アプリ対応

独習C# 第3版

VisualBasic2013パーフェクトマスター (Perfect Master SERIES)

プログラミング.NET Framework 第4版 (Microsoft Press)

VisualBasic2013逆引き大全555の極意

猫でもわかるWindowsプログラミング 第4版 (猫でもわかるプログラミング)

VisualC#2013逆引き大全555の極意

その他の設定 最終更新:2010/07/15
【Amazon ランキング:ゲーム - キッズ・プレイステーション3】

リストビューには他にもいろいろな設定があります。この回ではそれをまとめて説明しようと思います。
選択されたアイテムの取得
[1行選択]

リストビューはデフォルトで複数行選択になっていますが、MultiSelect プロパティに False を指定することで1行選択モードにできます。

MultiSelect False
[行全体を選択]

デフォルトでは先頭列しか選択されませんが FullRowSelect プロパティに True を指定すると行全体が選択されるようになります。

FullRowSelect True
[グリッドライン]

GlidLines プロパティに True を指定するとセルの間に線を引くことができます。

GlidLines True
[フォーカスがなくても選択を維持する]

デフォルト設定時には、リストビューからフォーカスが外れると選択状態が解除されますが、HideSelection プロパティに False を指定すると選択状態を維持できるようになります。

HideSelection False
フォームの作成
Form3を作成して、ListView, Buton を貼り付けます。

ListView:[listView1]
Button:[button1]
Button:[button2]
VB[Form3.vb]
Imports System.Text

Public Class Form3

    
Public Sub New()

        
' この呼び出しは、Windows フォーム デザイナで必要です。
        InitializeComponent()

        
' InitializeComponent() 呼び出しの後で初期化を追加します。
        Me.listView1.MultiSelect = False        ' 1行数選択
        Me.listView1.FullRowSelect = True       ' 行全体を選択
        Me.listView1.GridLines = True           ' グリッドライン
        Me.listView1.HideSelection = False      ' フォーカスがなくても選択状態を維持する

    End Sub

    Private Sub Form3_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _
        
Handles MyBase.Load

        
'リストビューに表示するデータ配列
        Dim data(,) As String = New String(,) { _
            {
"田中一郎""男""鹿児島県"}, _
            {
"鈴木花子""女""熊本県"}, _
            {
"佐藤健二""男""宮崎県"}, _
            {
"山田葉子""女""大分県"}}

        
' ヘッダーの設定
        Me.listView1.Columns.Add("名前", 100)
        
Me.listView1.Columns.Add("性別", 50)
        
Me.listView1.Columns.Add("出身", 70)

        
' リストビューのデータ追加
        For row As Integer = 0 To 3

            
' リストビューアイテム作成
            Dim item As ListViewItem = New ListViewItem(data(row, 0))

            
' サブアイテム追加
            item.SubItems.Add(data(row, 1))
            item.SubItems.Add(data(row, 2))

            
' アイテムをリストビューに追加
            Me.listView1.Items.Add(item)
        
Next

    End Sub

    Private Sub button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _
        
Handles button1.Click

        
Dim txt As StringBuilder = New StringBuilder()

        
' 選択されているアイテム取得
        For Each item As ListViewItem In Me.listView1.Items
            
If item.Selected Then
                If txt.Length > 0 Then
                    txt.Append(",")
                
End If
            End If

            txt.Append(item.Text)
        
Next

        MessageBox.Show(String.Format("選択アイテム[{0}]", txt.ToString()))

    
End Sub

    Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _
        
Handles Button2.Click

        
' チェックをはずす
        For Each item As ListViewItem In Me.listView1.Items
            
If item.Selected Then
                item.Selected = False
            End If
        Next

    End Sub

End
 Class
C#[Form3.cs]
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace ListViewCS
{
    
public partial class Form3 : Form
    {
        
public Form3()
        {
            InitializeComponent();

            
this.listView1.MultiSelect = false;     // 1行選択
            this.listView1.FullRowSelect = true;    // 行全体を選択
            this.listView1.GridLines = true;        // グリッドライン
            this.listView1.HideSelection = false;   // フォーカスがなくても選択状態を維持する
        }

        
private void Form3_Load(object sender, EventArgs e)
        {

            
// リストビューに表示するデータ配列
            string[,] data = new string[,]{
                {
"田中一郎","男","鹿児島県"},
                {
"鈴木花子","女","熊本県"},
                {
"佐藤健二","男","宮崎県"},
                {
"山田葉子","女","大分県"}};

            
// ヘッダーの設定
            this.listView1.Columns.Add("名前", 100);
            
this.listView1.Columns.Add("性別", 50);
            
this.listView1.Columns.Add("出身", 70);

            
// リストビューのデータ追加
            for (int row = 0; row < 4; row++)
            {
                
// リストビューアイテム作成
                ListViewItem item = new ListViewItem(data[row, 0]);

                
// サブアイテム追加
                item.SubItems.Add(data[row, 1]);
                item.SubItems.Add(data[row, 2]);

                
// アイテムをリストビューに追加
                this.listView1.Items.Add(item);
            }
        }

        
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            
StringBuilder txt = new StringBuilder();

            
// 選択されているアイテム取得
            foreach (ListViewItem item in this.listView1.Items)
            {
                
if (item.Selected)
                {
                    
if (txt.Length > 0)
                        txt.Append(
",");

                    txt.Append(item.Text);
                }
            }

            
MessageBox.Show(string.Format("選択アイテム[{0}]", txt.ToString()));
        }

        
private void Button2_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            
// チェックをはずす
            foreach (ListViewItem item in this.listView1.Items)
            {
                
if (item.Selected)
                    item.Selected = 
false;
            }
        }
    }
}
※このページで紹介しているサンプルコードについて管理者は動作保障をいたしません※
※サンプルコードを使用する場合は、自己責任でお願いします※

【楽天 ランキング:パソコン・周辺機器 - ネットワーク機器】




このサイトはフリーソフトのMerge HTMLで作成されています。
このサイトはリンクフリーです。

ページの先頭に戻る Copyright© 2010-2015 Jun.Shiozaki All rights reserved.