すらすらプログラマーへのお問い合わせ
すらすらのブログ
アクセス数  累計:000,689,320  昨日:000,000,170  本日:000,000,129
Loading
リストボックス
.NET プログラミング
プロパティグリッド
印刷
リストボックス
スレッド
リストビュー
インストーラー
やってみよう!

できるVisual Studio 2015 Windows /Android/iOS アプリ対応

独習C# 第3版

VisualBasic2013パーフェクトマスター (Perfect Master SERIES)

プログラミング.NET Framework 第4版 (Microsoft Press)

VisualBasic2013逆引き大全555の極意

猫でもわかるWindowsプログラミング 第4版 (猫でもわかるプログラミング)

VisualC#2013逆引き大全555の極意

横スクロール 最終更新:2010/07/22
【Amazon ランキング:本 - 資格・検定・就職】

リストボックスはアイテム数が増えると縦のスクロールバーが表示されますが、横方向にもスクロールすることができます。
ただし、縦スクロールバーのように必要な時のみ表示するといった使い方はできず常に表示された状態になります。
フォームの作成
横スクロールを有効にするには HorizontalScrollBar を True にして、 HorizontalExtnet プロパティにスクロールする幅を設定します。

ListBox:[listBox1]
HorizontalScrollbar True
HorizontalExtent 350

Label:[Label1]
Label:[Label2]

VB[Form1.vb]
Public Class Form1

    
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As Object, _
                           
ByVal e As System.EventArgs) Handles Me.Load
        
' リストボックスアイテム追加
        For i As Integer = 0 To 99
            
Me.listBox1.Items.Add(String.Format("アイテム{0:00}", i))
        
Next
    End Sub

    Private Sub listBox1_SelectedIndexChanged(ByVal sender As Object, _
                                              
ByVal e As System.EventArgs) _
                                              
Handles listBox1.SelectedIndexChanged

        
' リストボックスで選択されているアイテムを表示
        Me.label2.Text = Me.listBox1.SelectedItem.ToString()
    
End Sub
End
 Class
C#[Form1.cs]
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace ListBox_CS
{
    
public partial class Form1 : Form
    {
        
public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            
// リストボックスボックスアイテム追加
            forint i=0 ; i< 100 ; i++ )
                
this.listBox1.Items.Add(string.Format("アイテム{0:000}",i));

        }

        
private void listBox1_SelectedIndexChanged(object sender, EventArgs e)
        {
            
// リストボックスで選択されているアイテムを表示
            this.label2.Text = this.listBox1.SelectedItem.ToString();
        }
    }
}
※このページで紹介しているサンプルコードについて管理者は動作保障をいたしません※
※サンプルコードを使用する場合は、自己責任でお願いします※

【楽天 ランキング:スマートフォン】




このサイトはフリーソフトのMerge HTMLで作成されています。
このサイトはリンクフリーです。

ページの先頭に戻る Copyright© 2010-2015 Jun.Shiozaki All rights reserved.