すらすらプログラマーへのお問い合わせ
すらすらのブログ
アクセス数  累計:000,719,396  昨日:000,000,264  本日:000,000,219
Loading
Hyper-V Server 2008 R2
仮想化のすすめ
VirtualPC
Hyper-V Server
VMware Player
VMware Server
VMware ESXi 4.1
VMware ESXi 5.0
Citrix XenServer
仮想化パフォーマンス比較
安くて快適な仮想化に挑戦!

ひと目でわかる Windows Server 2012 R2 (TechNet ITプロシリーズ)

Windows Server 2012 R2テクノロジ入門

[改訂新版] Microsoft Windows Server 2012 R2 Hyper-V 仮想化技術活用ガイド (Software Design plus)

WINDOWS SERVER 仮想化テクノロジ入門 (TechNet ITプロシリーズ)

ひと目でわかる Hyper-V Windows Server2012 R2版 (TechNet ITプロシリーズ)

Windows Server 2012 R2 Hyper-V 実践ガイドブック

Windows Server 2012 R2 Hyper-Vシステム設計ガイド

ゲストOSのインストール 最終更新:2010/07/10
【Amazon ランキング:ゲーム - Wii U】

Hyper-V マネージャーにリモート接続できるようになったので、次はゲストOSのインストールを行います。
ゲストOSのインストールを行う前にまず仮想ネットワークの設定を行います。
Hyper-V マネージャーを起動して「仮想ネットワークマネージャー」をクリックします。
仮想ネットワークの種類で「外部」をクリックします。
名前とメモを入力して「OK」をクリックして仮想ネットワークの設定は完了です。
ゲストOSのインストール
次にゲストOSをインストールします。仮想化でもOSのライセンスは環境ごとに必要なので注意してください!
※Windows 2008 Server R2 ではエディションによってライセンスがついているものがあります!
サーバーの右クリックメニューから「新規⇒仮想マシン」を選択します。
ウィザードが起動するので「次へ」をクリックします。
仮想マシン名を入力して「次へ」をクリックします。
メモリ容量を指定して「次へ」をクリックします。
ネットワーク接続で初めに設定した「ローカルネットワーク接続」を選択して「次へ」をクリックします。
仮想ハードディスクを指定して「次へ」をクリックします。
OSをインストールするためにインストール方法を選択します。
今回は DVD を使ってインストールするので物理ドライブに接続します。
設定内容を確認して「完了」をクリックします。
仮想化環境ができたら「起動」をクリックして起動します。
実行されたことを確認して「接続」をクリックします。
接続するとOSのインストーラーが起動しているのでそのままインストールを続けてください。

【楽天 ランキング:パソコン・周辺機器 - ネットワーク機器】




このサイトはフリーソフトのMerge HTMLで作成されています。
このサイトはリンクフリーです。

ページの先頭に戻る Copyright© 2010-2015 Jun.Shiozaki All rights reserved.