すらすらプログラマーへのお問い合わせ
すらすらのブログ
アクセス数  累計:000,683,158  昨日:000,000,166  本日:000,000,185
Loading
Merge HTML について

フリーソフト
「コピー ~」撲滅計画
J.S Draw
J.S モニター Pro
J.S パズル
Merge HTML
リッチテキスト⇒HTML変換
J.S モニター SC
J.S Style Creator
J.S Print

初めてのPerl 第5版

新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

ゼロからわかる Perl言語超入門

サーバ構築の実際がわかる Apache[実践]運用/管理 (Software Design plus)

Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集

Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

Apacheセキュリティ

管理テーブル 最終更新:2010/07/01
【Amazon ランキング:ゲーム - キッズ・ニンテンドー3DS】

Merge HTML のサイト管理データは、グループ、コンテンツの2つに分類されます。それぞれ グループテーブル、コンテンツテーブルで管理されています。
それぞれのテーブルは <conf> ディレクトリ内の mghtable.pl にて、get_group_table(),get_content_table() メソッドでテーブルデータの入った配列をリターンする形で取得します。
変更はテキストエディタで直接行ってください。その際には必ず UTF-8 で保存することに注意してください。
      [mghtable.pl]
package mghlib;
$mghtable_ver="1.0.0";

sub get_group_table{
    my @table;

    push( @table,{
        "level"              =>    0,
        "parent"             =>    "",
        "groupid"            =>    "root",
        "caption"            =>    "トップページ",
        "url"                =>    "<!-- mgh:CONTENT_URL<=top -->",
        "target"             =>    "_top"});

    push( @table,{
        "level"              =>    1,
        "parent "            =>    "root",
        "groupid"            =>    "top",
        "caption"            =>    "トップページ",
        "option"             =>    0,
        "width"              =>    120,
        "url"                =>    "<!-- mgh:CONTENT_URL<=top -->",
        "target"             =>    "_top"});

    push( @table,{
        "level"              =>    1,
        "parent "            =>    "root",
        "groupid"            =>    "programing",
        "caption"            =>    "プログラミング",
        "option"             =>    1,
        "width"              =>    120,
        "url"                =>    "<!-- mgh:CONTENT_URL<=prg001p001 -->",
        "target"             =>    "_top"});

    push( @table,{
        "level"              =>    2,
        "parent "            =>    "programing",
        "groupid"            =>    "prg001",
        "caption"            =>    "プロパティグリッド",
        "option"             =>    0,
        "width"              =>    150,
        "url"                =>    "<!-- mgh:CONTENT_URL<=prg001p001 -->",
        "target"             =>    "_top"});

    push( @table,{
        "level"              =>    2,
        "parent "            =>    "programing",
        "groupid"            =>    "prg002",
        "caption"            =>    "リストボックス",
        "option"             =>    0,
        "width"              =>    150,
        "url"                =>    "<!-- mgh:CONTENT_URL<=prg002p001 -->",
        "target"             =>    "_top"});

    return @table;    ← グループテーブルをリターンします。
}

sub get_contents_table{
    my @table;

    push( @table,{
        "groupid"     =>    "top",
        "contentid"   =>    "top",
        "caption"     =>    "トップページ",
        "template"    =>    "$mghlib::TEMPLATE/001.html",
        "content1"    =>    "contents/top/001.html",
        "content2"    =>    "contents/top/002.html",
        "content3"    =>    "contents/top/003.html",
        "content4"    =>    "contents/top/004.html",
        "content5"    =>    "contents/top/005.html",
        "content6"    =>    "contents/top/006.html",
        "content7"    =>    "contents/top/007.html",
        "content8"    =>    "contents/top/008.html"});

    push( @table,{
        "groupid"     =>    "prg001",
        "contentid"   =>    "prg001p001",
        "caption"     =>    "グリッドに値を表示",
        "template"    =>    "template/surasura/program.html",
        "content1"    =>    "contents/prg001/001.htm",
        "content2"    =>    "contents/com/banner02.html"});

    push( @table,{
        "groupid"     =>    "prg001",
        "contentid"   =>    "prg001p002",
        "caption"     =>    "説明文の表示",
        "template"    =>    "template/surasura/program.html",
        "content1"    =>    "contents/prg001/002.htm",
        "content2"    =>    "contents/com/banner02.html"});

    push( @table,{
        "groupid"     =>    "prg002",
        "contentid"   =>    "prg002p001",
        "caption"     =>    "リストボックスの基本",
        "template"    =>    "template/surasura/program.html",
        "content1"    =>    "contents/prg002/001.htm",
        "content2"    =>    "contents/com/banner02.html"});

    push( @table,{
        "groupid"     =>    "prg002",
        "contentid"   =>    "prg002p002",
        "caption"     =>    "複数行選択",
        "template"    =>    "template/surasura/program.html",
        "content1"    =>    "contents/prg002/002.htm",
        "content2"    =>    "contents/com/banner02.html"});

    return @table;    ← コンテンツテーブルをリターンします。
}
1;
Merge HTML のテーブルデータには、オーダーの指定がないので、配列への登録順がそのままオーダーになります。特にグループテーブルでは、各グループの従属関係を壊さないように下記の図のように上位のグループから順番に定義するようにしてください。

※テーブルへの登録順が重要です※
グループテーブル
コンテンツテーブル

【楽天 ランキング:パソコン・周辺機器 - パソコンパーツ】

【楽天 ランキング:パソコン・周辺機器 - パソコンソフト】


【広告】
  • [PR]ENEOSでの給油はポイント2倍!
  • スクロール地図で周辺地域も簡単検索!ビジネスから高級旅館まで
  • 国内宿・ホテル予約なら、るるぶトラベル!


  • このサイトはフリーソフトのMerge HTMLで作成されています。
    このサイトはリンクフリーです。

    ページの先頭に戻る Copyright© 2010-2015 Jun.Shiozaki All rights reserved.